シミを消すクリーム 皮膚科

MENU

皮膚科で処方されるシミを消すクリーム

シミに効く方法について 画像

 

皮膚科でもシミを消すクリームを処方してもらえる
場合があります。

 

効果が高いので、シミで深刻にお悩みの方は、化粧品
を使うより、皮膚科のシミを消すクリームを使った
方が良いと思われている人も多いようです。

 

皮膚科処方のシミを消すクリーム

 

シミに効く方法について 画像

 

皮膚科で処方されるシミを消すクリームの代表的な
ものは、次の2種類です。

 

ハイドロキノンとトレチノインの2種類で、評価も
高いので、シミでお悩みの方にはお勧めです。

 

ハイドロキノン

肌の漂白剤とも呼ばれていて、すでにできたシミに
非常に効果的な成分。

 

他の美白成分と比べても、約10〜100倍もの効果が
あるとされています。

 

紫外線をたくさん浴びると、メラニン色素が作られて、
それが蓄積して、色素沈着していき、シミになります。

 

ハイドロキノンには、メラニン色素を作る細胞の
メラノサイトの働きを抑える効果があります。

 

その上、皮膚にすでに沈着してしまったメラニン色素に
働きかけて、シミを解消してくれます。

 

ハイドロキノンのクリームは、綿棒に取って、シミから
はみ出さない様に塗ります。

 

シミ解消に非常に効果的なシミを消すクリームになっています。

 

トレチノイン

トレチノインという成分は、皮膚からシミを強力に押し出す
働きを持ち、美しい素肌を目指すことができます。

 

ビタミンAの誘導体となるトレチノインには、ターンオーバーを
促進する働きがあって、角質を剥がして、メラニン色素を
皮膚の外に排出してくれます。

 

また、コラーゲンを作り出すこともできるので、若々しく
美しい肌に導きます。

 

皮膚科で処方されるシミを消すクリームとしては、
強力なパワーを持つ成分なので、皮膚に塗ると、赤みや痛み、
ヒリヒリ、乾燥などのトラブルが現れる恐れもあるので、
トレチノインを使った時は普段以上に十分保湿する必要があります。

 

シミを皮膚の外に排出する働きを持つ成分ですが、
新たなシミを作りだす可能性もあるため、メラニン色素生成を
抑える働きを持つハイドロキノンと一緒に使って、治療
することが多いようです。

 

皮膚科で処方してもらえるシミを消すクリームには、以上の
ハイドロキノンかトレキノインが入ったものが多いみたいです。

 

黒くなったシミを白くする働きを持つ成分なので、
皮膚科では、シミを消すクリームとして処方されます。

 

こうした成分は、一般的な化粧品にも入っていることも
ありますが、皮膚科で処方されるシミを消すクリームみたいに、
濃度が高くはなく、効果を期待できるまでには、かなりの
月日がかかります。

 

ただ、皮膚科で処方されるシミを消すクリームは、肌に
合わない恐れもあるため、まずは、腕などでパッチテストを
実施して、説明された使用法に従って使うことが大切です。

 

シミを解消したいと思って使うシミを消すクリームで、
逆に肌トラブルが起きてしまっては、元も子もありませんので、
皮膚科医の説明をしっかり聞いて、安全にシミを消すクリーム
を使うようにしましょう。