シミに効く薬 効果

MENU

シミに効く薬の成分とその効果について

シミに効く薬 画像

シミを予防、改善に期待が出来るシミ取り薬やサプリメントは、
商品により様々な成分が独自のバランスで配合されています。

 

ここでは主にどのような成分が採用され、それぞれどのような
効果があるのかを紹介したいと思います。

 

 

シミ予防に効果的な成分

 

ビタミンC(アスコルビン酸)

 シミに効く薬 画像

 

活性酸素を除去する働きが強く、メラニン生成を
抑制する効果が抜群に高いとされ、美白をはじめ、
エイジングケアには欠かせない成分です。

 

スキンケアで使いすぎると肌が乾燥することもあり、
経口摂取の効果の高さに注目が集まっています。

 

シミに効く薬の中でも、もっともポピュラーな成分ですね。

 

 

ビタミンB群(ビタミンB2、B6)

シミに効く薬 画像

 

ビタミンCと同様、メラニン生成抑制、色素沈着防止の
働きがあるとされ、代謝のリズムを整える働きもあります。

 

 

インドキノキ

シミに効く薬 画像

 

不老長寿の植物エキスとして、古くからインドで愛され、
活用されてきた貴重な抽出液です。

 

強い紫外線を浴び続けながら、強く健康的に生き続ける
インドキノキには高い美白効果があることがわかっています。

 

 

トランサミン、トラネキサム酸

 シミに効く薬 画像

 

シミの治療薬として皮膚科などで処方されることもあり、
色素沈着を防止する働きがあるとされています。
特に肝斑の治療薬として販売され、広く知られました。

 

 

ザクロエキス

 シミに効く薬 画像

 

「女性の果実」と呼ばれる美容効果が非常に高い果物から
抽出されたポリフェノール成分。抗酸化作用の他にも、
女性ホルモンのバランスを整える効果があります。

 

 

シミ改善に効果的な成分

 

L-システイン

シミに効く薬 画像

 

シミ取り薬には欠かせないアミノ酸の一種です。

 

メラニン生成を抑える働きもありますが、肌代謝を
正常な状態に整える効果が高いのが特徴。

 

出来てしまったシミの元も、肌の内部で無色化して
角質と共に排出してくれます。

 

肌のハリや弾力をキープし、刺激に強い肌に整えて、
あらゆる肌トラブルを予防する働きも期待出来ます。

 

 

ビタミンE

 シミに効く薬 画像

 

メラニン色素による嫌な色素沈着を防止するための
肌の新陳代謝に大きく関係してくるビタミンです。
血流を改善することでターンオーバーを促します。

 

メラニン抑制の抗酸化作用も高い皮膚の健康に欠かせない
重要な成分です。

 

 

アスタキサンチン

 シミに効く薬 画像

 

近年注目の、赤い色素を持つアンチエイジング効果が
非常に高いカロテノイドの一種です。黒色メラニンの
除去作用で、出来てしまったシミの改善にも効果がある
考えられています。

 

 

アントシアニン

 シミに効く薬 画像

 

コラーゲン生成を助け、肌のバリア機能を高めます。
バリア機能が弱っていると紫外線によるダメージを
受けやすく、すでにあるシミも悪化しやすくなります。

 

 

ヒドロキシチロソール

オリーブに含まれるポリフェノールの一種で色素沈着を
緩和、改善する作用があることが研究で分かっています。

 

 

セラミド

 シミに効く薬 画像

 

肌のターンオーバーを促し、余分なメラニンなどの
老廃物をしっかりと排出するサポートをしてくれます。

 

乾燥した肌はシミが出来やすく、残りやすいので、
予防のためにも、たっぷりとうるおいをキープした
瑞々しい肌に整えておくことが大切です。

 

 

副作用や危険性について

 

副作用として考えられる症状

 シミに効く薬 画像

 

重篤な副作用が報告されているものはなく、指定された
用法用量(もしくは目安量)を守って飲んでいれば、
問題は起こりにくい商品です。

 

しかし中には、

 

下痢、腹痛、嘔吐、悪心

 

といった症状が服用後に出る場合があるので、その場合は
念のため服用を中止して下さい。

 

 

妊娠授乳中、薬服用中の方

 シミ 予防 画像

 

ビタミンCやアミノ酸を配合していることが多いので、
デリケートな時期や体力低下時の健康管理にも有効だと
される商品が大半です。

 

ただし、どちらの場合も念のためかかりつけの医師に
ご相談の上で服用すると安心です。