シミを消す化粧品に配合されている成分について

MENU

シミを消す化粧品に配合されている成分について

シミに効く方法について 画像

 

シミを消す化粧品に入っている成分を知っておけば、
化粧品を選ぶ際の判断材料になりますよね。

 

シミを消すには、体の中に取り入れる内側からのケアも
大事ですが、スキンケア、つまり外側からのケアも
大事なので、まずは、化粧品の成分についても
知ってきましょう。

 

シミを消す化粧品に入っている成分

 

シミに効く方法について 画像

 

最近は、様々な肌の悩みに対応できる美容成分が色々
出てきています。

 

その中でも、特にシミを消すのに効果的な化粧品の成分は
何か?知っておけば、化粧品を選ぶ上で役立つはずです。

 

APPSビタミンC誘導体

リン酸型ビタミンCと同様に、改良されて、より浸透性が
高くなった成分です。

 

従来のビタミンC誘導体を超えた濃度で角質まで浸透して、
本来のビタミンCの持つ美容効果を最大限に発揮できる

ようになっています。

 

年齢が気になりだした肌のケアにぴったりで、シミを消す
ことのできる化粧品の成分です。

 

ハイドロキノン

海外の美白ケアでは、最も有名な成分ですが、最近は、
日本でも、多くのクリニックで取り入れられるように
なりました。

 

表皮にあるメラノサイトの働きを抑えて、メラニン生成を
抑制
してくれます。

 

また、チロシンという物質からメラニンが作られるステップも
ブロックして、徹底的にシミ予防ができる
成分です。

 

シミを消す化粧品の有効成分として配合されています。

 

化粧品を選ぶ時には、この成分が入っているかどうか、
チェックしてみましょう。

 

フラーレン

肌年齢を加速させる色んな要因をサポートする成分。

 

その力は、なんとビタミンCの125倍程もあるそうです。

 

シミを消す化粧品の成分としても、エイジングケア成分と
しても、スキンケアに配合されていています。

 

また、日焼けによるシミ予防への効果も期待できると
言われています。

 

プラセンタエキス

フラーレン同様、エイジングケア化粧品にも多く配合されて
いる成分です。

 

厚生労働省から認められている成分の一つで、メラニン生成に
よるシミを予防すると同時に、すでにあるシミを、徐々に薄く
して、消すことのできる成分
として知られています。

 

日焼けによるシミ予防だけではなく、アンチエイジング効果も
高いので、年齢肌が気になる方には特にお勧めの成分。

 

この様に、シミを消す化粧品の成分は、色々ありますが、
どのような成分があって、それぞれの特徴を知っておけば、
化粧品選びの参考になりますし、自分の肌トラブルを
効率的に解消することにも繋がるでしょう。

 

実際、シミを消す化粧品の成分には、シミの予防と改善だけ
ではなく、アンチエイジングなど様々な効果を期待できる
成分となっている事が多いので、シミの改善と同時に、
美肌を目指すこともできるんです。

 

 

シミに効く薬 ランキング