シミを消す方法として、イボころりが話題に!?

MENU

シミを消す方法として、イボころりが話題に!?

シミに効く方法について 画像

 

シミを消す方法を調べると、インターネット上には、
イボころりを使うと効果的という情報がたくさん
出てきます。

 

でも、本当にシミを消す方法として、イボころりを
使って大丈夫なのか?心配になる方もいらっしゃるでしょう。

 

シミを消す方法としてイボころりを使う

 

シミに効く方法について 画像

 

シミを消す方法として、イボころりが良いと話題となって
ますが、全てのシミを消すことはできません。

 

シミの進行度や使い方によっては、全てのイボに効果を
期待することはできないようです。

 

シミが気になるという方で、イボころりを使ってみた
という方もいらっしゃいます。

 

イボころりは、名称通り、イボや魚の目を取るための薬で、
イボや魚の目ができている所に塗るのが基本で、皮が
むけて、一緒にイボや魚の目も取れるというもの。

 

そんなイボころりに、なぜシミを消す効果があるのか?
というと、実はシミに効果的な成分が入っているんです。

 

サリチル酸という成分が入っているんですが、殺菌作用に
優れ、炎症を抑える働きもあります。

 

なので、場所によっては刺激が強過ぎることもあるので、
いきなり顔のシミには使わないようにした方が良いですね。

 

まずは、腕や足などのシミから、イボころりを使ってみる
方が安心でしょう。

 

イボころりの正しい使い方

 

シミに効く方法について 画像

 

イボころりが、シミを消す方法として効果的なのは、
シミに有効な成分が入っているからですね。

 

シミに効く成分が入っているとすれば、ぜひシミにも
使ってみたいと思いますよね。

 

でも、何より重要なことは、正しい使い方をすることです。

 

先にも述べた通り、最初から顔のシミを消す方法として
使用するのではなく、腕や足のシミから試してみるべきです。

 

使い方は、イボや魚の目の治療の時と同様、シミの気になる
ところを清潔にして、イボころりを塗ります。

 

しばらく日数を置くと、白い膜ができてきますが、その
白い膜を剥がして、剥がした際、イボころりを塗った場所が
白くなっていたら、成功です。

 

でも、基本的には顔のシミに使うのは避けた方が無難です。

 

顔のシミに使うと、場所次第では激しい痛みを感じることが
あるでしょうし、塗ったイボころりが剥がせなくなることも
あります。

 

シミを消す方法として、イボころりを使う場合は、足や腕
など、人目につかない場所へはお勧めですが、顔に塗ると、
白い膜ができて、剥がさないといけないので、逆に目立つ
こともあります。

 

また、イボころりは、デリケートな部分や子供への使用は
お勧めしません。

 

 

シミに効く薬 ランキング